マイクロソフトのDiscoverセミナー開発ツール編に参加してきました。

前半2時間は Visual Studio 2012 の機能紹介とデモ、後半1時間は Windowsストアアプリ+Azure の話でした。

Visual Studio 2012 については、以下の機能が個人的には注目でした。

コード品質の向上

  • 静的コード分析
  • コードメトリックス分析
  • コードクローン分析
  • コードマップ
  • プロファイリング
  • テストの効率化・自動化

    • 単体テストとコードカバレッジ
    • 単体テストにおけるFakeの活用
    • コード化されたたUIテスト
    • WEBパフォーマンステスト
    • 負荷テスト
    • コード化されたUIテストについては、実行したプログラム(WEBアプリも可)の動作を記録して再現してくれるので、テストの手間がかなり省けるなと感じました。

      うちの製品で言うと、間もなくリリースする賃貸契約管理システム「エル」が VS2012 + Azure を使っているので、継続的に価値を提供できるよう、これらの機能をうまく利用していきたいです。

      デモでは、マイクロソフトのALM(アプリケーションライフサイクルマネジメント)、いわゆるアジャイル開発のプラットフォームTFS(Team Foundation Service)とも連携されてました。アジャイル開発(継続的インテグレーション)でどこまでやるかにもよりますけど、MicrosoftオンリーならVSとの相性は抜群なのでTFSはありだと思います。うちでも一時TFSを使っていましたが、今はRedmine+Git+Jenkinsです。

      Windowsストアアプリについては、今のところ興味なしっていうのが正直な感想で、クックパッドのWindowsストアアプリを見せてもらいましたけど、WEBでいいんじゃない?と思いました。綺麗でしたけど。

      あと、来場者の約半数の方がVB6のアプリケーションを現在も管理されているとのことで、意外に多くて驚きました。


      Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>